夢美髪は男性が使っても効果があるのか?

髪の毛のケア記事一覧

アトピー性皮膚炎とは、アレルギーに似た反応と関係している事のうち肌の持続的な炎症(かゆみなど)が出現するものであり要するに過敏症の仲間だ。美白用化粧品であることを広告などでPRするためには、薬事法を制定している厚生労働省の認可が下りている美白の成分(ほとんどはアルブチン、こうじ酸等)を使う必要があるのです。見た目を装うことで精神が元気になり余裕が出るのは、顔面に悩みのある人もない人も同じことです。...

慢性的な睡眠不足は皮膚にどんな影響をもたらすかご存知ですか?その代表ともいえるのが皮ふの新陳代謝が乱れること。正常なら28日毎にある皮膚の入れ替わるサイクルが遅くなります。内臓の健康具合を数値で見ることができる素晴らしい機械があります。『ノイロメーター』と名付けられている機械で、人の自律神経の状況を測って、内臓の疾患がモニタリングできるという汎用性の高いものです。化粧の良いところ:新しいコスメが出...

美容雑誌においてリンパ液の滞留の代名詞であるかのように語られる「浮腫」には大きく2つに分けると、体のどこかに病気が潜伏しているむくみと、病気ではない人でもよく起こるむくみがあるのだ。日本での美容外科の変遷の中で、美容外科が「正しい医療分野」との見識を獲得するまでに、思いのほか長い年月を要した。形成外科や整形外科とは異なり美容外科が損壊などのない健康体に施術を加えるという美容のための行為であるとはい...

中でも就寝前の口腔ケアは大切。蓄積されたくすみを除去するため、夜はちゃんと歯磨きすることをおすすめします。しかし、歯みがきは回数が多いほど良いというものではなく、内容の質に注意することが肝要です。その上に毎日のストレスで、心にも毒素は山ほど蓄積され、体の不具合も招く。このような「心身ともに毒まみれ」というような不安こそが、苛まれた私たちをデトックスに駆り立てている。明治も末期に差し掛かった頃、異国...

ドライ肌の誘因の一つである角質層の細胞間脂質と皮脂分泌の低減は、アトピーのように先天性のものと、高齢化やコスメなどによる後天性の要素によるものに分けることができます。美白用化粧品であることをパッケージなどでアピールするには、まず薬事法を管轄する厚労省の許可が下りている美白に効く成分(よくあるのはアルブチン、コウジ酸など)を含んでいる必要があるのです。美容外科(Plastic Surgery)という...

大方の場合慢性になるが、正確な手当によって病状が統制された状況に保つことができれば、自然に治ってしまうことも望むことができる病気だ。ピーリングは、時間の経った要らない皮膚をピール(peel:皮を剥くの意味)し、まだ新しい美しい表皮(角質)に入れ替えて、新陳代謝を正常化するシンプルな美容法です。メイクの良いところ:新しい商品が出た時のドキドキ。自分のすっぴんとのギャップに楽しさを感じる。多種多様なコ...

慢性的な睡眠不足はお肌にどういった影響をもたらすのでしょうか?その代表のひとつは皮膚のターンオーバーの遅延です。健康なら28日毎にある肌の入れ替わる速さが遅くなります。中でも夜の10時〜2時までの240分の間は肌のゴールデンタイムと呼ばれており、肌の新陳代謝が最も活性化する時間帯です。この240分間にぐっすり眠ることが何にも勝る美容術といえるでしょう。メイクの良いところ:新しい商品が発売された時の...

思春期ではないのに発現する難治性の“大人のニキビ”が多くなっている。10年以上こういった大人のニキビに苦痛を感じている人達が当院を訪れている。洗顔料でちゃんと汚れを取らなければいけません。石けんは皮膚に合ったものを使いましょう。自分の肌に合っているようなら、価格の安い石鹸でも問題ないし、固形の石けんでも大丈夫です。更に日々の生活のストレスで、精神にまで毒は山のごとく溜まり、身体の不具合も引き起こし...

マスカラなどのアイメイクを落とすときにメイクをきれいに落とそうとしてゴシゴシと強くこするようにしてクレンジングした場合、目の周りの肌が荒れたり炎症を起こしたりして色素沈着してしまい、目の下の茶色い隈の元凶となるのです。メイクの利点:自分の顔立ちをちょっとだけ好きになれる。顔に無数にあるニキビ跡・くすみ・毛穴・ソバカス・ひっかき傷等を隠すことが可能。時間をかけてキレイになっていく面白さ。ネイルケア(...

美容外科とは、人体の機能上の損壊や変形を矯正するよりも、もっぱら美意識に基づく人間の体の容貌の向上に取り組む医学の一つで、独自の標榜科でもある。美容外科(cosmetic surgery)は、とどのつまり外科学の中の一つであり、医療に主眼を置いた形成外科(plastic and reconstructive surgery)とは別のものである。また、整形外科とも間違われがちだが全然分野の異なるもの...

湿疹や掻痒が出るアトピー性皮膚炎の原因として、1.腸内・皮膚・肺・口腔内などによる細菌叢(フローラ)、2.遺伝的な問題、3.食物の栄養要因、4.環境面での因子、5.1〜4以外の説などが主に挙げられる。日本の医療全般がクオリティ・オブ・ライフを大切に捉える流れにあり、製造業に代表される市場経済の完成と医療市場の大幅な拡充により、美意識に基づいた美容外科(Plastic Surgery)はここ数年最も...